謹賀新年

今年もぞうどよろしくお願いいたします


お知らせ

今日は12月25日 

本来のクリスマスですが、最近では24日のイヴの方がメインになっているように感じます


それもコロナの蔓延防止のため2年前から様子が変わってきました


様子が変わると言えば、冠婚葬祭…特にお葬式の形式が家族葬主体に変わりつつありますね


人が集まることがどんどん減り、会議や仕事のあり方も変わってきています


時代は、新自由主義へ大きく変化しようとしているようです。AIが主流になる5G、6Gのデジタル社会


一見便利な世の中になるように感じますが、先にデジタル社会に突入した中国やアメリカのいくつかの州のように、福祉や公共に使われるにではなく、管理や監視に使われ、困ったことになっている地域もあります。


陰と陽


プラスとマイナス


メリットとデメリット


必ずどんなものにもあります。これからの時代を快適で便利な世の中にするか、管理と監視で窮屈な世の中にするか


決めるのは私たち国民です。

国民主権自体も怪しくなりつつあります。


垂れ流される情報だけではなく、デジタル先進国の様子を検索することも大事ではなでしょうか?


溢れる情報の中から、今何が重要で何を守らなければならばいのか


わからないから

めんどくさいから

皆が言うから


と放棄するのではなく、溢れる情報の中から、今何が重要で、何を守らなければならばいのか

しっかり見分ける力が必要とされています


人として幸せに生きる為に必要なこと


NOという権利

発言や選択、判断する自由ではないでしょうか


オミクロン株がまた広がりつつありますが、変異を繰り返したウイルスは、感染力は強まっていますが、重症化はほとんど聞きませんので、少し安心ですね


反対にワクチン接種開始後の超過死亡率は、回数を重ねる度にはね上がっています。

関連性が認められていない現状では何ともいえません。


飲み薬も認可されたようです

ワクチンは取り敢えず強制ではありません

ただ周辺圧力は強いですね


この辺りの情報をしっかりキャッチして、自分がどうしたいのか自分で判断しなければなりません


自分の人生は自ら切り開かなければ、自由は守れません。

他人の敷いたレールに乗って安直に生きる道を選んでしまったら、今ある自由はなくなるでしょう。


小さな声でも集まれば大きな意見となります

デジタル後進国の日本だからこそ、各国の失敗例を参考により良いデジタル社会を目指したいものですね。


ワクチン接種は自己判断と言いながら、ワクチンパスポート(ワクチン・検査パッケージ)の強要という支離滅裂な状態に信用・信頼はおけません。


コミュニケーションの基本

笑顔・信頼・思いやり のある世界を目指しましょう✨


2022年が良い歳になりますように




事情により1月一杯更新が滞るかもしれませんが、2月の第54回サービス接遇検定のお申し込みは受け付けております


是非ご検討ください









お知らせ

ロールプレイング(準1級面接試験)合格のみなさまへ

 

先にロールプレイング(準1級面接試験)に合格した場合

後から2級を取得し 申請すれば

サービス接遇検定準1級の資格を取得できます

 

一般は,6月と11月の年2回ですが県美生 と サービス接遇検定対策講座にお申込みの方

2月にもチャンスがあります(年3回)

 

せっかく身に付けた技能です

2級の筆記試験にもチャレンジしてみませんか?

      

 

 

 

 

結果はどうであれ、「経験は人生の宝」

 

頑張ってきたこと、

失敗したこと、

恥ずかしかったこと、

悔しかったこと、

嬉しかったこと

 

すべては次に繋がっています  無駄なものは何一つありません

自分を信じて笑顔で過ごしましょう

 

 

 

 

 

 

コロナ禍だけど・・・

何かをしてもしなくても 時間は過ぎてゆく

 

今 

 

このときを 

 

 

大切に

 

自分の人生をデザインするのは自分自身

 

 

 

第53回サービス接遇検定試験 終了しました ありがとうございました

 


各種ビジネス検定の試験日


令和3年度第2回の実施予定日

 

第53回サービス接遇検定      筆記試験日 令和3年11月 7日  (終了)

第125回秘書検定        筆記試験日 令和3年11月14日  (終了)

第62回ビジネス実務マナー検定   筆記試験日 令和3年11月21日  (終了)

第70回ビジネス文書検定      試験日   令和3年11月28日  (終了)

 

第54回サービス接遇検定    筆記試験日 令和4年2月13日 ( 願書受付中 )

 

 

詳しくはこちらへ 

 



 

コロナの為に、行動の自由や制限がある中で、りサービスのあり方や、人との関わり方が変わろうとしている昨今ですが、サービスの精神(ホスピタリティ)の基本は変わりません

 

基本を知らなければ、新しいかたちを創造することもできません

 

『サービス接遇実務』とは

サービス産業全般における サービスの ”理解と表現” を指します

 

近年、業務のサービス化は産業の大きな要素となり、どの分野においても必要なスキルです

 

内容は

 ・サービス業務に関する心構え

 ・対人心理などの理解

 ・応対の技術

 ・お客様への口の利き方

 ・態度や振る舞い

 

この機会に、サービス接遇検定試験で基本を学んでみませんか?

また、ご自身の接客技術・知識の確認にもなりますので、是非トライしてください

 

 第53回サービス接遇検定の結果

    
2 級  受験者数 9,101名  合格者数  8,291名  合格率 91.1%
3 級 受験者数 10,977名  合格者数  8,415名  合格率 76.7%

 

 

 

第52回サービス接遇検定の結果 

 

1 級 受験者数  489名  合格者数  191名 合格率 39.1%

準1級 受験者数 2,600名  合格者数 2,173名 合格率 83,6%  
2 級  受験者数 7,229名  合格者数 5,930名 合格率 82.0%
3 級 受験者数 10,424名  合格者数 8,250名 合格率 79.1%

 

 

第51回サービス接遇検定の結果

 

1 級  受験者      475名 / 合格者   157名  合格率 33.1%

準1級  受験者   4,044名 / 合格者 3,425名 合格率 84.7%

2 級  受験者 11,989名 / 合格者 8,287名 合格率 69.1%

3 級  受験者 16,541名 / 合格者   10,676名 合格率 64.5%

 

52回まで のべ918,720名が受験し、659,992名の合格者のある 人気の高いビジネス系検定試験です

  

 

令和3年3月1日から「秘書検定CBT」が始まりました

(2月24日受付スタート)

詳細はこちらをご覧ください


笑顔・信頼・思いやり

 

オフィス香川では、子どもの絵画造形教室や、学生のマナー教育を通して

 

自分らしさを大切にした自己表現・コミュニケーション能力を育みます。

 

2000年以降に生まれたミレニアル世代が

社会で活躍するようになると

生活経験の違いから、アナログ世代との軋轢も生じてきます。

 

電話の応対ができない

正式な手紙が書けない

急須、茶托を知らない

雑巾が絞れない

箒が使えない

 

できて当たり前の感覚が通用しない世代

 

それもそのはず ミレニアル世代は

 

     ・電話は携帯

     ・手紙はSNS

     ・お茶はペットボトル

     ・雑巾は除菌ウエットティッシュ

     ・掃除はルンバ・・

 

が、普通の世代(個人差はありますが)

 

経験したことの無いものは

始めから上手くはできないのです

 

アナログ世代がPCを使うのに苦労したように

 

 

AIの時代の担い手であるミレニアル世代

      

お互いに理解しあい、新しい時代の生き方を

共に考え、より良い時代を築きたいと思います

 

みんなの笑顔のために

 

 

活動の様子は オフィス香川のブログでご確認くださいませ

 


あなたらしさ


 

あなたの真心届けましょう。

 

職場で、家庭で、学校で あなた自身を表現できていますか?

 

コンセプト

 

私どもは、マナーを通じて『笑顔の和・喜びの輪』をつなぎます。

 

サービス

ビジネス

 ・新入社員研修

    ・職場のマナー研修

学校

 ・ビジネスマナー

    ・コミュニケーション

検定対策講座

 ・秘書検定

 ・サービス接遇

 ・ビジネス実務マナー 

    ・ビジネス文書  など

家庭

 ・一般マナー

 ・冠婚葬祭

 

 ・しつけカウンセリング

こども

 ・絵画造形活動