第52回 サービス接遇実務検定試験 申込開始

4月7日より『サービス接遇実務検定試験 2級』の願書受付が始まりました

 

コロナウイルスが猛威を振るう中、サービスのあり方や、人との関わり方が変わろうとしている昨今ですが、サービスの精神(ホスピタリティ)の基本は変わりません

 

基本を知らなければ、新しいかたちを創造することもできません

 

『サービス接遇実務』とは

サービス産業全般における サービスの ”理解と表現” を指します

 

近年、業務のサービス化は産業の大きな要素となり、どの分野においても必要なスキルです

 

内容は

 ・サービス業務に関する心構え

 ・対人心理などの理解

 ・応対の技術

 ・お客様への口の利き方

 ・態度や振る舞い

 

この機会に、サービス接遇検定試験で基本を学んでみませんか?

また、ご自身の接客技術・知識の確認にもなりますので、是非トライしてください

 

お申し込みはこちら へ

 

***** 第50回(令和2年11月8日実施)の結果 *****

 

1 級  受験者      475名 / 合格者   157名  合格率 33.1%

準1級  受験者   4,044名 / 合格者 3,425名 合格率 84.7%

2 級  受験者 11,989名 / 合格者 8,287名 合格率 69.1%

3 級  受験者 16,541名 / 合格者   10,676名 合格率 64.5%

 

のべ895,624名が受験し、641,422名の合格者のある 人気の高いビジネス系検定試験です