2019.03.23 こどもの絵画造形教室

笑顔マイスターSanukaitoです


遅くなりましたが、3月23日の高松カルチャーセンターでの子供の絵画造形教室の様子です


テーマは「デカルコマニー」

絵の具をランダムに置き、画用紙を半分に折って開いたら…左右対称の不思議な模様の出来上がり❗


今回は白と黒のA5とA4の画用紙を用意


YuiちゃんとTumuちゃん、真剣に絵の具を置き、開いて「きゃぁ~💕」


「わぁトンボみたい❗」

「違うよ、あっかんべーだよ」

「あはは!でもこれ泣いてる?」

「笑いすぎかも…」

「これは蝶々よ。butterfly❗」

「これは何でしょう?」

「ライオンさん?」

「コアラだ~❗」


開くたびに変わる色と形


その都度、賑やかな事(笑)

十分にイメージ刺激された様子(*^^*)


絵の具を置くだけではもの足りず、次第にバージョンアップ( *´艸`)

顔を描いてみたり、水玉風に置いてみたり…

それぞれ工夫してできた作品です。


よほど楽しかったのか、二人とも絵の具を継ぎ足し、折っては開きを繰り返す。


絵の具2セット用意しておいてよかった(笑)


さぁて、チビッ子画伯が作った作品、「トンボ?あっかんべー?」「蝶々」「ライオン」「コアラ」お分かりになりますか?😆


偶然と必然が、交錯しながらの楽しい時間でした。